勤怠システムの目的について

勤怠は会社などで働く人の就労状態を記録したものです。

働く人にとっては賃金の対価ということにもなりますし、会社としても人件費を正しく計算すること、そして長時間労働など負担がかかっていないか確認が必要です。一日に働くことができる時間は基本的に会社で決めることができますが、何時間働いてもいいということではありません。労働基準法というものがあり勤務時間は一日8時間という決まりがあるのです。

会社は労働基準法に準じるかたちで勤務時間など就業規則に定めることになります。ただし忙しい時期などは一日8時間以上働くことがあります。このような場合は協定を結んで労働基準監督書に届け出ることで残業することが認められます。一ヶ月に残業できる時間数を決めることになり、その時間内で就労することができているのか確認しなければなりません。勤怠管理というのは会社などで働く人が基準内に適切に働いているか確認することができるようにしたもので、勤怠システムがあるとそれが可能となるのです。

勤怠システムは会社で働く人の勤務の状況を日々確認することができるようにします。システムなので、出勤や退勤といった時刻から自動的に残業時間などを計算することができ、例えば従業員ごとに勤務状況の一覧を確認することができるといった仕組みを作ることもできるのです。勤怠システムがあれば、残業時間もその期間の途中でも確認することができるので、改善することができるようになります。
離職防止のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *