勤怠システム導入で作業効率化

会社の業務の中に人に関すること、お金に関することなど管理しなければならない業務があります。

人とお金ということでは従業員の給料がありますが、これはとても大切なことで間違いがないように処理しなければなりません。社員の給料には基本給や手当があり、勤務の内容によって増減するのです。例えば欠勤をした、遅刻や早退をしたような場合、会社の規定に定められている条件で基本給や手当が減額されることがあります。また業務が忙しくて決められた日数以上働いたり、決められた時間以上働いた場合は残業手当などが加算されて給料として支払われる事になります。

勤務の内容を管理しなければ給料を正しく計算することができないという事になり、勤怠管理が必要になるのです。勤怠を管理するためには毎日の勤務状況を確認しなければなりません。最近ではタイムレコーダーへ出勤、退勤の打刻を行うとそれが実績として記録することができます。そのデータを利用することで勤怠管理が可能となるため、勤怠システムを導入します。

勤怠システムがあれば、タイムレコーダーで取り込んだ出勤、退勤の時間より遅刻、残業時間を計算することが出来るようになります。勤怠システムのメリットは勤怠管理ができるということだけでなく、給与計算にその結果を利用することが出来るのです。また正しい結果にするために、勤怠システムで各部門の所属長が承認したものを給与計算に使用するように仕組みを作り効率的に計算を行うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *