離職防止対策はお客のためになる

企業で取引を行う場合、各々の会社で担当者をもうけてビジネスをします。

会社が違うと考え方が異なるので、担当者同士で話して物事の捉え方のギャップを無くす必要があります。ギャップを無くすために、数か月場合によっては1年以上かかることもあります。自社の社員が頻繁に退職する場合は、取引先の担当者は人が変わるごとに考えのすり合わせをすることになり、精神的負担が増加します。取引先の精神的負担が多くなるの、自社へのイメージが悪くなり、場合によっては取引きできなくなることがあります。

それを防ぐために、離職防止対策が重要となっています。一人の社員が特定の取引先を継続して担当することにより、取引先の担当者の心理的負担が少なくなります。あうんの呼吸で話が進むようになることも期待できます。スムーズに取引できるようになると、お客は他の作業をすることができます。考えのすり合わせをすることにより、思い違いを無くすことができ、ミスの発生を防ぎやすくなります。

このように考えると、離職防止対策は決して自社のためだけでなく、大切なお客のためになることが理解できます。離職防止対策を行い、お客のメリットをもたらすことにより信頼を勝ち取れます。そうすると、お客が自社を利用してくれる頻度が増えて利益が上がります。その利益を、お客に還元することができます。利益が還元するとお客は更に自社を利用してくれるようになり、いい循環が生まれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *