離職防止策で考慮することとは

会社に合う人材を苦労して見つけたけれど、辞められてしまうのは会社にとっては大きな損失です。

しかもそれが続けて起こったとしたら、何か離職防止策を立てる必要が出てきます。効果的な対策を立てるには、「なぜ社員は会社を辞めたくなるのか」その原因を明らかにすることです。例外もありますが、人がその会社を離職したくなる主な理由はいくつかあります。給料が割に合わないというのはその一つです。満足の行く金額をもらっていれば少々の不遇にも目をつぶることができますが、そうでなければ働く意欲が低下し、もっと条件のいいところを探そうとします。

会社は社員に労働力を求めます。ですが相手は人間であり、精神面でのフォローがないと徐々に「辞めたい」という気持ちが出てきてしまいます。上司は仕事ができるできないで部下を評価しがちですが、部下からしてみればもっと話を聞いて欲しかったり、認めてもらいたいという欲求があります。一個人として社員と接することも、収入面の改善に加えて大事な離職防止策のポイントになります。

例えば「技術的なスキルに自身があるのに営業部に配属されてしまった」「将来は英語を活かした部署で活動したいのに聞き入れてもらえない」というふうに、将来に不安が見えてしまうのも辞職する理由になります。こういうケースの場合、会社を通してどんなふうに成長していきたいか社員の気持ちを聞くとともに、それに合ったキャリアプランなどを提供できるような組織体制が必要になってきます。離職防止は、社員が離職したくなる理由を見つけ、それに合った対応策を立てることが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *