離職防止対策をするメリットについて

現在の日本はインターネット社会です。

インターネット上では数多くの情報が流れていて、自社の評判について語られていることも珍しくありません。取引き先の社員は、相手の会社をインターネットで検索することもあり、その場合取引先の会社の評判を見ることがあります。その場合に、離職率が高いと言う情報があることはいいことではないと言えます。一般的には、離職率が低い会社の方が社員を大切にしている会社だと評価され、社会から高評価を得ます。

会社としては、少しでもいい会社と取引したいと考えるのが普通だと言えます。離職防止対策を行えば、離職率をより低くすることができます。そうすれば、取引き先の社員がインターネット上で、離職率が低いと言う書き込みや評価をみてよい印象を持ちます。離職率が低い会社は、労働者が働きやすくなるように様々な工夫をしています。たとえば、様々な休暇制度がある、無理がない作業を計画をたてるなどがあります。自社の社員やその友人などがインターネット上に、この会社は素晴らしいと言う書き込みをしてくれやすくなります。

その書き込みを見た取引き先の社員が、自社のことをよくおもってくれると言うことが、離職防止対策には期待できます。会社の印象を上げるために、テレビやインターネットで宣伝をする方法がありますが、コストがかかります。離職防止対策を行うことによる、会社のイメージアップのコストは、テレビやインターネットでの宣伝より低いことが少なくないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *