離職防止対策を行う利点について

入社した社員が退職すると言うことは普通にあります。

退職理由が結婚のためや新しいことをしたいからなどと言うことであれば、特に問題になりません。ただ、退職した理由がパワハラだと言う場合は問題になります。その場合に、有効な離職防止対策をしないと会社にとって無視できない問題が起きることがあります。たとえば、自社の社員が、自分がパワハラを受けてしまうのではと言う不安に、心が支配されてしまうことが考えられます。また、悪い噂と言うのは広まることがあり、取引先に伝わってしまい取引に影響を与えることもあります。

逆に、離職防止対策を適切に行いパワハラのない職場をつくることは会社にメリットがあると言えます。会社の従業が働きやすいので新たな離職者を出さなくて済みます。また、適切な対応をとってくれた会社への信頼が強くなります。もちろん、取引先に悪い噂が出回ることを防ぎやすくなります。法令や倫理を順守して、適切な離職防止対策を行わない企業はこれから淘汰されるおそれがあります。

一度インターネット上に出回ってしまった情報は拡散されてしまい、全部消すことは容易ではありません。可能な限り事前に対策をした方がいいと言うのが、一般的な理解だと言えます。適切な離職防止対策を行う会社は、社員、取引先、社会から信頼を勝ち取ることができます。コストはかかるかもしれませんが、適切な離職防止対策をした場合に得られるメリットは、そのコストを大きく上回ることが期待できると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *