離職防止の重要性について

離職防止対策を行うのはとても大切だと言えます。

離職した人のかわりに新しいスタッフを雇用する場合、採用コストが発生します。採用方法としては、フリーペーパーで広告する、転職エージェント会社を利用するなどがあります。その場合に発生する採用コストは数十万円以上することが珍しくありません。さらに、新しく入社人への教育や研修費が必要になることが少なくありません。

新人スタッフが、自社の業務を本格的に理解するまで、数年かかることがあります。そのための、一年あたりに教育や研修費数十万かかり、数年単位で考えたら100万円以上のお金が必要になることも珍しいことではないです。社員を新しく迎えるためには、会社はさまざまな書類をつくり、関係各所に提出することになります。もちろん、それを行うスタッフの人件費がかかります。一日1万円の人件費が必要なスタッフが、新人受け入れのために1週間分の作業をした場合、7万円のお金が必要になります。

それ以外にも、制服、名刺、名札などの手配にもお金がかかります。新しい人が入社すると、職場にいる人は入社した人との考えの違いにより、おおかれすくなかれストレスが発生します。ストレスが発生すると、作業効率が落ちてしまうことがあります。一日の生産性が100万で生産性が1割低下した場合、10万円の損失になります。これらの経済的損失は、離職防止対策をすれば防ぐことも可能です。離職防止対策には費用がかかりますが、ここで説明した経済的損失に比べれば安いことが少なくありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *