給与の前払いを受ける場合の注意

現代のほとんどの会社では給与の前払いを行っているところは少ないものです。

これには様々な問題があるほか、実際に前払いを受ける側にとってもデメリットが存在することが少なくありません。そのため、このような制度がある会社で利用する場合には、十分にそのデメリットを理解した上で利用することが必要となります。1つは金額の問題です。給与は企業の人件費として予算化されていることが多く、その支払う時期もあらかじめ決められており、資金運用が非常に緻密に計算されていることが多くなっています。

銀行にそのための資金を預けたり、給与を支払う際に銀行から借り入れをして支払うところも多いため、その間の利息が比較的大きな影響を企業経営に与えることになります。前払いを受ける際にはこれらの計画を狂わせてしまうことになり、利息の金額が変動してしまうので企業の利益に影響を与えてしまうことになるのです。そのため多くの経理部門では前払いを極端に嫌がるところが少なくありません。

さらに給与の前払いを受ける際には本来の金額から利息を差し引いて支払われるケースもあります。そのため実際の給与の金額よりも少なくなってしまうことが多いのです。極端な場合にはそのための手数料を企業側で設定し、さらにその金額を差し引かれる場合もあります。これらの点を十分に考慮した上で必要に応じて利用することが大切になるほか、金額の問題や会社に与える影響に関しても十分に考慮し、利用することが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *