給与前払いサービスの特徴と注意点

最近は給料日前でも従業員の申請によって、給与の一部を前払いする給与前払いサービスを行う会社も増えてきましたが、メリットとデメリットがあるのでよく確認してから利用することが大事です。

給与前払いサービスの種類は、システム提供型とアウトソーシング型があります。システム提供型は企業があらかじめ支払い分のお金を用意する必要がなく、サービス会社が従業員から申請された分だけを立て替えて従業員に支払い、その後企業に請求するシステムです。手数料は申請した従業員の負担となるので、企業としては負担が少ないのが魅力と言えます。アウトソーシング型サービスは、企業側に準備金や労使協定の改定の負担が生じます。

手数料は企業側が負担するシステムなので、企業側の負担は増えますが、申請した従業員の手数料の負担は軽くなるので人気です。給与前払いサービスは、最近は新しいサービスが沢山出てきています。従業員が申請すれば即日で口座に入金されたり、コンビニのATMでいつでも引き出されるようになるのも人気のサービスです。

給与前払いサービスを企業側が利用するメリットとしては、日払い可の企業では、大人数の社員を管理するのは大変ですが、サービスを提供する会社に任せることで、企業に変わって面倒な作業はすべてやってもらえます。サービスを提供することで、応募者が増え人手不足も解消されることもメリットです。デメリットとしては、手数料が高くなることや企業側の運用コストが高くなることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *