離職防止のために考えること

離職防止のために、社員が何を望んでいるのか把握することが重要になります。

定年や契約期間満了などの離職であれば、必要であれば会社側が期間を延長すれば良いだけですが、この場合も以前より待遇を悪くすれば引き止められないことがあるので注意しましょう。自発的に辞めてしまう原因として多いものが給料の少なさであり、改善が可能であれば対応をした方が良いです。ただし、引き上げ過ぎれば企業の負担が大きくなり、安定して仕事を受注できていない状況であれば倒産に繋がる危険性もあるため、健全な経営ができるように上層部が努力する必要もあります。

近年は離職防止のためだけでなく、効率的に社員を採用するためにも転勤をなしにしている企業も増えてきています。以前は転勤は珍しいものではありませんでしたが、生活環境が変わり、自宅の購入も困難になるなど大きな問題を抱えている就業形態です。潜在的に不満を感じている社員も少なくないので、勤務地を限定した採用を行うことも離職防止に有効になります。

人手不足で新卒の採用が難しくなっている現在では入社させるだけでなく定着させることも重要になるので、労働環境には十分な配慮した方が良いです。採用時に見極めることも重要ですが、やりたいことが分からないまま、取りあえず募集に申し込んだという人も少なくありません。そのような状況で責任や負担の大きな業務を最初から割り当てれば、耐えられずに逃げ出してしまう恐れがあるので、時間をかけて社会人としての自覚を身に付けさせる必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *