離職防止のための対策

離職の可能性が高い従業員を放っておくと、高い確率で仕事を辞めることがあります。

しかし不満を聞き出すことは難しく、仕事を辞めたいかどうかを質問しても、辞めたいと答える部下は少ないものです。そこで、まずはアンケートなどで、従業員の気持ちを間接的に聞き出し、はい・いいえの答えだけでなく、「今後のことは不明」「1年以上は働く」などの曖昧な答えを用意することも離職防止のために必要になります。これらの質問から離職を考える予備軍を予想することが可能です。

従業員が不満をためやすい理由には、業務時間が長い・サービス残業が多い・人間関係の悪化などがあります。これらを改善するためには、業務時間の削減・従業員一人一人の負荷の均衡化などの対策が挙げられます。さらにストレスチェックなどを行い、従業員の心理状態を把握することも有効です。必ずしも離職防止になるとは言えないですが、従業員のモチベーション向上などの効果も期待できます。

他にも、離職防止のためのツールがあり、例えば、人材コンサルティングの経験をふまえた開発システムがあります。アンケートなどで、社員の心と体のコンディションを定期的に観測し、通常と異なる状況であれば、上司へ通知する仕組みになっています。

表面には現れにくい個人の見えない不安や悩みを把握して、個別ケアを行うことができるので離職防止につなげることが可能です。適切な離職対策が出来れば、企業の生産性を上げることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *