離職防止の取り組みについて

現在、企業の人事部門において悩みの種になってる問題が、社員の離職防止への対策です。

現在はいわゆる売り手市場となっており、どの企業も人手不足が悩みとなっています。その中で、社員側としては不満のある企業にはいつまでも所属する必要はないと考え、より働きやすい環境を求めて転職をすることをためらいません。このため離職率がどんどんと高まっていく結果となってしまっています。離職された側の企業としては、世間に与える印象が悪くなり、より社員の募集を行なうことが難しくなってしまうという悪循環を生んでしまっています。

離職防止を行なううえで重要となるポイントはいくつかあります。第一に、社内コミュニケーションを活性化させることです。社内の人間関係が原因で転職する人材も多いという調査結果があります。社内SNS制度を導入したり、定期的な懇親会を開催したりすることで、いろんな部署の社員と交流することができる、風通しの良い職場は一般的に好まれます。第二に、待遇改善が挙げられます。やはり給料の増額は離職防止に対して即効性があります。

しかし、ただ単に金額を上げればいいというわけではなく、頑張っている社員に対して増額幅を増やすなど、社員のやる気やモチベーションを高めるきっかけとなるような施策を実施することが重要といえます。第三に、社員の能力開発・教育研修制度を導入することです。転職の要因として、今のままでは成長ができない、将来性がないと感じることも多いといわれています。社員の能力を高める取り組みを積極的に実施することは、離職防止につながるとされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *