離職防止の必要性と対策

離職防止は企業の損失を抑えるためにも必要になることです。

社員が抜けたときの影響を考えると、それを埋めるための人員を補充しなければなりませんが、スムーズに対処できなければ他の社員の作業量が増えるなどの影響が出てしまい、最悪のケースではそれが次の離職を招くこともあります。補充するには求人サイトなどで募集をする、採用試験や面接を行い、入社が決まれば会社の規則や配属されるプロジェクトの概要を理解するなど時間と費用が必要です。

これらも会社の収益にマイナスの影響を与え、本業への妨げになる要因になるので頻繁に発生すると問題になります。そのため、離職防止を考えて円滑に経営できるようにしなければなりません。離職防止の対策をするには、その原因を理解する必要があります。個々の社員で異なっているので、面談をするなどして状況を把握するのが適切ですが、一般論として挙げられる3つの原因は必ず対策した方が良いでしょう。

人間関係の不満、パワハラに代表されるような上司から部下への圧力に嫌気を感じて離職したり、コミュニケーション不足で孤立するなどがあるので、周囲が気に掛けるようにします。給与に関しては単純に金額が低いというだけでなく、評価の基準などが不透明であることも問題です。

会社の業績に貢献しても、それが報酬に反映されなければ社員は意欲をなくします。労働条件では、近年は長時間残業をしないように取り組む企業が多いですが、表面的なもので実際には持ち帰っているだけという場合も多いです。労働時間を管理するだけでなく、現場の実態まで把握して適切になっているのか判断する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *