従業員の離職防止に向けた取り組みは必須

日本の人口は既に減少へと転じていますが、今後減少するスピードは加速度を増し、生産人口がどんどん減っていくことが不可避の状況です。

企業は従業員の方に長く働いてもらいたいという思惑があったとしても新入社員の企業間の争奪戦は熾烈を極めており、また転職など労働市場も流動化が進んでいます。企業としてじゃ何か離職防止のための取り組みを行わなければ、今後従業員を引き留めておくこともままならなくなってしまうでしょう。しかし、企業側は支払うことができる給料にも限度があります。

そこで、給料以外にもできる離職防止の方法を考えて行かなければなりません。有給休暇の消化のしやすさは大事なポイントになってきます。特に若者の場合、仕事以外の時間に重点をおく方が増えていますので、有給がまともに消化できないような企業は敬遠されますし、一度入社してくれたとしても継続して働きにくいと判断されてしまいます。有給休暇の取得は現在日本が推進している働き方改革にも盛り込まれていますので、企業側としては積極的に取得してもらうように働き方をしていかなければなりません。

また、人事評価の開示も離職防止の対策の一つになります。日本はこれまで終身雇用、年功序列でしたが特に若い方は働いた能力を評価されるべきと考える方が増えています。自分の給与が働きに見合わあないと感じれば転職してしまう可能性が高まりますので、人事評価をクリアにしておくことで従業員の方から信頼してもらう必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *