離職防止の対策と注意点

人手不足になっている現代社会では、社員を採用するだけでなく、長期的に働き続けるための離職防止の対策を行うことも重要です。

せっかく採用して時間をかけて仕事の仕方を覚えさせても離職されては意味がなく、新たな人材を確保するのは簡単なことではありません。何が原因になっているのか現場の状況を把握して、適切な対応をする必要があります。例えば離職防止のために人間関係の改善を検討することがありますが、これにも様々な状況があります。

上司がきついノルマを課したりパワハラになりかねない叱責をして部下がプレッシャーを感じることもあれば、周囲とうまくコミュニケーションができずに悩んでいる場合もあるので、社員全体で対策を考えるようにすると良いでしょう。ただし、離職防止の対策を考える中で、単純に社員が不満に感じることをなくせば良いということではないので注意が必要です。仕事で正当な結果を残しているのに、それが報酬に反映されていないのであれば改善しなければなりません。

しかし、結果も出せず仕事の効率も悪い社員に対して、負担を減らそうと業務の分散などを行っていても甘やかしているだけであり、それが会社全体に広がれば業績の悪化に繋がる危険性もあります。離職の原因を探して対応することは重要ですが、それが本当に妥当であるのか十分に検討した方が良いです。離職者を減らすだけでなく、業務の質も低下させないことが防止を行う上で重要なことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *