給料アップ以外の離職防止対策

日本の労働市場の流動性は年々高まっています。

これまで日本の国内での働き方は新卒一括採用が一般的であり、一度就職すれば定年まで働き続ける終身雇用が一般的でした。しかし、日本もグローバル化の波に逆らうことが出来ず、またビジネスの速度も年を追うごとに早くなってきていますので定年退職時の労働市場の先行きを確保することはもちろん、数年先のことも不透明な時代です。働く側にとっては、より良い条件で今の自分の価値を最大限に生かすことが出来る市場へ転職することは当然の選択と言えます。

企業側にとっては採用コストをかけてまで雇用した人材が短期間で離職してしまうのは大きな痛手です。そこで離職防止対策を取ることが不可欠となりますが、給与アップ以外の離職防止対策にも目を向けていく必要があります。離職防止で給与面だけを追求してしまうと、当然良い人材ほど他社に給与面で差をつけられて引き抜かれる恐れがありあすので、働きやすさなど目に見えない点にも気を配る必要があります。

残業の多さなどは今の若い人材には敬遠されますので、オーバーワーク対策は重要です。近年はワークライフバランスというワードを良く耳にするようになりましたが、働くことだけが人生の価値ではありません。人生のバランスを保つためには、働くこととプライベートとのバランスが重要になります。一人一人の社員の業務量などを人事側も細かく目を行き渡らせ、過重労働を避けるようなシステムを導入しなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *