給与前払いの必要な手順と注意点

給与の前払いは給料の前にその月の給料の一部を企業から支払ってもらうシステムです。

会社員の場合は直属の上司、部署の責任者、経理部の担当者に相談するのが一般的です。パートやアルバイトの場合は社員や店長に相談してみるといいでしょう。口頭ではトラブルになりかねないので、申請書や借用書などの書類を作成するのが一般的です。会社によっては申請書が準備されている場合もあります。借用書の用紙や作成方法は会社の指示に従うようにしましょう。いつまで働いた分を前払いしてもらうのか、給与の前借を請求してもお金を渡すまでの時間については法的に決まりがないため、支給日は会社によってさまざまです。

そのため前払いの給料はいつ受け取れるのかなども確認してほくほうがいいでしょう。基本的にその月の働いた日数に応じた金額しか払われません。その月はまだ1週間しか働いていないのに残りの3週間分を支払ってはもらえません。働いていない分の給料を前払いして、次の月の給料から引いたり無償で働かせることは労働基準法に違反する行為とるので注意が必要です。

返済は本来支払われる給与を早めに支給されただけなので給与から天引きされての返済になります。前借は働いた日数分が支給されます。前借に金利や利息がつくことはありません。緊急でお金が必要になる可能性はいつどんなときにおこるか予測不可能です。給料の前払いは気軽に利用していい制度ではありませんが、緊急事態やその月の生活が苦しい時は迷わず会社に相談してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *