給与前払いを導入するメリットは?

給与前払いとは、給与日よりも前にその支払いを行うものです。

前借りとは異なって、専門の業者が仲介を行って支払いを行うのが特徴のものになります。メリットとしては福利厚生という面で、求人を出した時の応募者数の増加や離職率の低下を防ぐといったことが挙げられるものです。それと従業員としては、1ヶ月の給与でやりくりするべきものですが、中には上手く行えないこともあり、そこから借金をするといったことも行われる可能性があります。

もちろん計画的に借りれば問題のないことですが、金銭の貸し借りはトラブルの原因になりやすく、その点で未然に防ぐといった意味でも意味があるものです。一方で、給与前払いは、会社が行う前借りとは異なって手続きを簡素化することができます。

前借りの場合には申請者の勤怠状況の確認や計算、振込などの事務作業が発生します。申請者が少数であれば問題がなければ、それほど負担になりませんがもともと経理の人員が少ない場合や繁忙期となると、前借りの行為が負担になります。この点で前払いの場合には業者がそれらの事務手続きを行いますから、会社の負担がありません。また制度として導入していれば従業員としても利用しやすく、お金が足りなくなった場合に必要なお金を借りることができるということが出来れば、安心感を持って働くことができ、モチベーションを維持する上でも給与前払いシステムは導入することに意味があるものといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *