給与の前払いが簡単に行えない理由

給与の前払いを行う企業が決して多くはありません。

多くの企業では給料日が決まっており、その日にならないと給与はもらえないことになっており、お金が足りないからと前払いを依頼してもなかなか行ってくれるところが少ないのが実態です。非常に早い時期であればともかく、給料日の2、3日前でも支払ってもらえないことが多いため、疑問に感じている人も多いものです。

しかしこれには様々な理由があります。1つは規則上の問題です。給与は労働契約の中で毎月何日に支払うと言うことが決められており、これを前提に労働契約が結ばれていることから、この日付をずらす事は契約違反になってしまうため、トラブルが発生した際にその責任が問われることになります。契約を守らない事はいろいろな面に大きな影響与えてしまうため、その中に含まれている給料日の指定は遵守しなければならないと考えている会社が多いものです。また、給与の支払いを早めてしまうと、その間の利息やキャッシュフローが崩れてしまうと言う問題があります。

会社は給与を支払うためのお金を銀行などに預けていることが多く、1日でも長く預けるとその分利子が増えるため、これを運用益として会社の利益に加えていることが少なくありません。これを前払いしてしまうと、その分利益が減ってしまうことになるため、予算上問題となることがあります。またその利息を見越して様々な支払いや効果的な運用などを計画していることもあるため、この前提が崩れてしまうことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *