給与の前払いシステム

給与は原則的にはその会社ごとに決まった日に支払われることになっているでしょう。

例えば月末締めの翌20日払いなどというようにです。ですが、最近は前払いシステムを導入する会社も増えつつあります。例えば月末締めではあるけれども、もし社員が請求するならば翌10日に払うこともできるなどという仕組みの導入です。究極的には、ある日に働いた分の給与はその日じゅうに受け取ることができるというものまであり、これも当然ながら本来会社の決めた支給日よりも前に受け取ることができるという意味で前払いに当たります。

このような仕組みを導入する意味は、当然ながら働く人に対するメリットをアピールできることです。わが社は社員のことを第一に考えているということをアピールすることで、優秀な人材をより多く確保することにつなげたいという思惑があります。

また、このような給与の前払いシステムを導入することが比較的簡単にできるようになったということも普及を後押ししているでしょう。いくらメリットをアピールしたくても、導入にあまりにも時間がかかったり、コストがかかったりしては会社としては踏み切ることはできないからです。時間的にも労力的にも会社の経理担当者などの大きな負担になることなく、またコストの面でも負担になるようなことのないシステムが今では数多くあります。これはITシステムやインターネットなどの普及によるところが多いと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *