給与日払いシステムの導入

給与日払いシステム導入の必要性は分かっているけれども、事務処理が大変で担当者の負担を考えるとなかなか導入に踏み切れないと思っている経営者の人もいるかもしれません。

数日間とか、場合によっては1日だけの短期バイトを募集しているような会社の場合、給与日払いシステムはかなり重要度の高い仕組みの一つです。そのようなバイトに応募しようと考えている人は、時給の高さとか仕事内容もさることながら、給料をいつもらえるのかを気にしていることが多いためです。ですが、給与日払いシステムを取り入れようとすると、普通はその日のうちか遅くとも翌日にはそれぞれのアルバイトの勤務時間と時給とを掛け算し、一人一人の給料を計算しなければなりません。

時給は予め決まっているでしょうが、実際の勤務時間は勤務が終わってみるまで正確なことは分かりません。予定よりも早く帰ってしまうかもしれませんし、残業に応じてくれる場合もあったりするでしょう。アルバイトの勤務終了後の時間帯に処理しないといけないわけで、これでは事務担当者の負担が大きくなるのも理解できます。しかも掛け算で計算すればそれで済むわけでもありません。

もしかすると交通費を出すことになっているかもしれませんし、計算以外にも肝心の現金を用意して封筒に間違いのないよう入れなければならないでしょう。しかもこのようなことが毎日続くわけです。これではなかなか導入に踏み切れないのも当然かもしれません。
給与の日払いシステムのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *