短期雇用者に好評な給与の日払いシステム

企業等における給与の計算方法には、勤務形態によってさまざまなバリエーションがあります。

たとえば営業職の正社員などの場合は、月ごとの成績を評価したうえで基本給に能力給が加算されます。一方、工場の生産ラインなどに従事する者にあっては、あらかじめ決められた日給に稼働日数を乗じ、それに残業手当などを加えた額を月に1回支給するのが一般的です。ただ、いわゆる日給者の場合は働いた日ごとに給与の額が確定するため、月に1回と言わず毎日支給することも理論的には可能です。

実際、アルバイトや期間従業員向けの求人広告を見ていると、「日払い制度も選択可能」などと謳っているものをしばしば目にします。このような職場は少しでも早くお金を手に入れたいという事情を持つ人たちの応募が集中するため、人材を確保しやすいと言われています。従業員の希望に応じて日払いを可能にするこの制度を、日払いシステムといいます。

ただ、日払いシステムといっても必ずしも毎日自動的に支払うわけではありません。希望者から申し出があった時は、それまでに働いた分の給与を計算し、その総合計を限度として任意の額を支給します。ですから1日おきでもいいですし、半月分ずつ月2回支払うというのでも構いません。最小の計算単位が1日なので、日払いシステムと呼んでいるだけです。専門のアウトソーシング事業者に委託すれば計算や支払いの事務は任せられるので、企業は自由に制度を設計することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *