月給の一部を受け取れる給与日払いシステム

給与日払いシステムとは、仕事をした分の給料を1日ごとに受け取ることが出来る仕組みです。

短期のアルバイトだけではなく工事現場で仕事をしている作業員などにとっては非常に一般的な仕組みで、近頃は正社員であっても日払いで給与を受け取った経験があるという方も少なくありません。何故なら最近は正社員に給与日払いシステムを採用する企業が多くなってきているからです。

正社員は月給制が一般的ですが、月給制を日払い制に完全に移行する訳ではなく、月給を部分的に給料支給日の前に手に入れることが可能な仕組みということになります。この給与日払いシステムは、社員にとって明らかなメリットが得られる訳です。給料日前で経済的に余裕がないときに、急な冠婚葬祭や飲み会の誘い、家電製品の故障など突然の出費が発生することは誰にでもあり得ます。

このようなときには、例え部分的であっても給料支給日の前に現金を手に入れられるのは有り難い仕組みです。経営者にとっても、社員の福利厚生サービスを充実させている企業ということで評判が良くなるというメリットを得られます。

その一方で、実際に現金を受け取るには多少ですが手数料が発生することもあって、社員の経済的な負担に繋がる場合があります。しかし手数料を利息と捉えれば日払いシステムを使った方が消費者金融を利用して借金をするよりも、お得であるということが可能です。経営者にとっても運用や導入に費用があまりかからないので、採用しやすいと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *