給与の日払いシステムの説明とメリット

基本的に社員の場合は給与は月に1度まとめて支払われるのが一般的です。

ですが給料日までにと訃報や急な飲み会、スマホの修理費用などお金が必要になるケースも少なくありません。それて近年給与の日払いシステムを導入する会社が増えてきているのです。従来、日払いと言えばアルバイトや派遣業務、現場の職人に馴染みの支払い方法で、その日働いた分の給与をその場で手渡し、もしくは銀行に振り込まれます。

ですが正社員として勤務している人でも企業が日払いシステムを導入していれば、給料日前にお金を手にすることが出来ます。ちなみに月給制から完全に日払いシステムに移行するという訳ではなく、月給が基本で、申請があれば月給の中から数日分を前払い出来る制度です。つまり給料日前に一部を日払いで引き出せるといった仕組みです。会社により異なりますが、手数料が6%前後かかるので、どうしても必要な時のみ利用している人が多いと言えます。あと社内ルールで、使い過ぎない様にと前借りの限度額が設定されている所もあるようです。

この日払いシステムはどんな利点があるのかと言えば、従業員は消費者金融などを利用せずにお金を手にすることが出来るので、とても助かるシステムです。またシステムによってはスマホから利用できるケースもあり、かなり手軽に申請できるのが魅力と言えます。それに経営者側から見ても既に働いた分の給与を前払いするだけなので、持ち逃げなどのトラブルはなく、給料の前払いシステムを導入していれば福利厚生がしっかりしている会社と認識されます。その結果人材確保や離職が防げるといったメリットがあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *