給与日払いシステムとは

給与の日払いはアルバイトや派遣の人にな御馴染みの支払スタイルですが、1日その場所で働いてその場で給与の手渡しという形になります。

最近では企業の正社員にも日払いをするところが出てきています。月給制から日給制に完全に移行しているというわけではなく、月給の中から任意の数日分を前払いでもらえる、給料日よりも先に一部を引き出しできるということです。会社によって手数料は変わってくるもののの、だいたい6パーセント前後の手数料がかかります。急な冠婚葬祭等で物入りになった時には非常に使いやすいのが給与日払いシステムというわけです。

社内ルールで前借りの限度額を決めておく等をすれば、使いすぎて給料日にお金が入らなかったということもありませんので安心です。一般的には経営側と従業員側の間に、勤怠管理システム、日払いシステムを提供する業者が入って、依頼をした企業の資金から前払いを可能にしていることが多いです。日払いシステムのメリットやデメリットとしてあげられるのは、従業員側から見ると急なもの入りに対応出きるというのはメリットになります。

経営者側からすると既に働いてもらった分の給料を前払いしているだけになるので、持ち逃げなどのダメージはありません。このシステムを取り入れているということで、福利厚生が充実して見えます。デメリットは従業員側とすると手数料がかかってしまうという点です。経営者側としてはシステムの導入までの初期費用がかかるという点です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *