人それぞれに苦手な科目はあります。小学校では気がつかなくても、中学校の勉強では科目により点数化されて成績表に反映されるので自分の得意、不得意科目がはっきりわかるようになります。主要3科目、国語、英語、数学はもちろんの事、理科と社会科の不得意科目も見逃せません。特に理科は実験離れと言われていて実験設備が整っていない学校や材料などが不足している学校もあります。

また、主要3科目でバランスよく点数が取れず、理系、文系に偏りがみられる生徒さんもいます。そんな時に勉強するスタイルとして家庭教師が選択肢にあります。家庭教師は個人で行う人、会社から派遣される人、また、大学生などのアルバイトやプロで教えている人もいます。プロの場合は高校受験対策をしてもらえるし、年齢的にも社会人経験がある人も多く高めです。

派遣会社に登録している家庭教師自身も得意科目があるのですが、派遣されている講師は卒業した大学の専攻により派遣会社が適切な人物を派遣する事ができて安心です。生徒さんが女子の場合は女性の家庭教師をお願いするなど各ご家庭に配慮した講師を選ぶ事ができます。会社を通しての派遣講師への謝礼は決められた金額以上に支払う気づかいも不要で、食事や休憩中の飲み物の用意なども全く必要がありません。手軽でしかも金額もはっきりしているのでお試し授業で子供と合わないと思えば講師を変更してもらえるという利点もあります。

この利点を考えると派遣会社を通しての家庭教師の選択が良い方法と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です