塾に通わせず、家庭教師を頼むという選択は良いのか悪いのかと悩む事があるでしょう。一口に家庭教師といっても、色々な依頼方法があります。個人されている方、大手紹介会社から派遣されてくる方、知り合いの紹介で知り合いの大学生が来られると事もあるでしょう。どちらにしても、お子さんとの相性が有りますので最初に面談をすると良いでしょう。

また、塾との違いは何かと言えば幅広く柔軟に分からない部分を教えて貰える事です。また、傾向と対策など塾で行われている部分は塾でなければ望めない部分と思われがちです。しかし、現役大学生であれば数年前には自分の通った関門ということで必ずしも対策が出来ないと言う訳ではありません。特に家庭教師に向くお子さんのタイプとしては、不得意な科目が際立ってしまっている場合です。

塾では基礎の部分は最低限出来ているという前提で授業を進めていく場合がほとんどです。しかし、高校受験であっても小学校部分の基礎が完璧でなく中学で習う部分が心許ないという場合は塾では付いていけない可能性があります。そういう場合には、個別に分からない所を指導する事を売りとしている塾に通わせるか、家庭教師を頼むという形になります。しかし、教科ごとの支払いになることから個別指導の塾に通わせる事は、親の負担が大きくなることがほとんどです。

その点、家庭教師を頼めば契約にもよりますが、その日に習いたい部分を幅広くカバーする事ができるという利点があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です