勉強をすればいままで理解できなかったことも理解できるようになって、勉強が楽しくなるのはわかっていますが、自分一人では、うまくいかないことがあります。それは苦手な科目がある場合です。どうしても数学が苦手でなにをどうしてもわからないという人にとって、どこから勉強をしたらいいかわからないものです。わからないことをわかりたいと思ったときに、簡単に塾にいけばいいと思うのは、間違いです。

集団で学ぶ塾の場合、カリキュラムにそって勉強していくので、個人の理解度というのは、見てくれません。苦手な分野などをしっかり考えて対策をとることもしないので、結局塾にいくことで、なんとなく勉強をした気になる程度です。本当に苦手な分野から対策をしていきたいと思うのでしたら家庭教師にお願いすることが賢明です。それも家庭教師にお願いするにあたって、どのようなことを目的にするのかとか、自分の苦手な分野のことをしっかり伝え、どのレベルまでもっていってほしいのかを明確に伝えることで、その後の到達度が違ってきます。

家庭教師によって、理解度が進むにつれて、もっとわかりたいという気持ちが深まっていくので、そこからは理解するスピードも上がっていくのです。ある程度基本的なことがわかっていけば、そこからはさらに勉強していくのが楽しくなっていくでしょう。勉強とは、結局日頃どれだけ地道にやっていけるのかでかわっていくのです。簡単には、いかないこともありますが、持続が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です