小さい子供から大学受験を控えた子供まで、家庭教師をして教える生徒の幅は広くなっています。そのためもし家庭教師を始めたい場合は、まずどの年齢の子供に教える事が出来るのか、どの教科を教える事が出来るのかを明確にしておく必要があるでしょう。そもそも教える事が出来ない教科を教える事になってしまうと、子供の成績が上がらず親御さんからクレームをもらう事もあるでしょう。そのため、出来るだけ得意な科目に集中して教える様にしましょう。

教える教科と生徒が決まると後はどの様に勉強を進めるかを決めましょう。生徒によって授業の周期や時間は異なってきます。週一回の一時間の授業の場合もあれば、週二回等の場合も考えられます。授業数は親御さんが決める事が多いため、まず最初は親御さんのリクエストにそって進める様にしましょう。

そしてまずは最初のテストへ向けての学習計画から始めましょう。次のテストまでの間に何を勉強して、授業はどの様に進めて、宿題の量はどの程度にすべきか等を最初の授業までに準備しておくと良いでしょう。実際に家庭教師として授業を始めると生徒の特長がわかってきて、学習レベルの把握が出来てきますので、徐々に学習計画を修正しても良いでしょう。そして計画が完成するとまずは親御さんへプレゼンテーションのごとく報告を事前に行いましょう。

親御さんを心配させないためにも重要な事ですので、まずは計画を練りかつ親御さんへの報告をして忘れない様にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です