家庭教師は毎週決まった曜日、時間に訪れるのが普通です。それが何より生徒の学習のペースをつくります。なかには学校の宿題などもみてくれ、一緒に教わりながら済ましていくことも可能です。教師はその生徒の学習状況をいち早くつかみ、その生徒にあった指導の方法や教材、教える内容などを絞ります。

その時点でその生徒に最もふさわしい学習内容を提供できるのが家庭教師の強みです。こうしたことは一般の集団塾では難しい場合が多いです。しかも、個別塾であってもある程度きまった自学自習タイプのテキストを進めていくところが多いのですので、なかなか自分のわからないところに立ち返って指導してもらいことは同様に困難な場合もあります。その点、家庭教師はその生徒への専属の教師なわけですから、うってつけの内容を指導することができます。

これは勉強へ嫌悪感を示しつつある段階の生徒に対しても一定の効果を及ぼします。最初はその生徒との信頼関係を結んでいくことを必要とします。そうしたうえで本音を引き出し打ち解けていき、心を開いてもらい少しずつ学習への意欲が目覚めさせていきます。そういった生徒は頼りになる存在を求めていますから、家庭教師にその役割を果たしてもらえます。

生徒への信頼を得て、学習の効率を上げ必要としている学力までもっていく効率のよい方法を提供してもらえるはずです。したがって、さまざまな性格や状況の生徒がいますが、経験豊富な家庭教師の場合には生徒の学習意欲を引き出し、他の学校や部活動などとの時間采配、ペースやリズムをつくる手伝いができると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です