中学生ともなると、小学校の時とは異なり生徒によっては学校の授業についていけない子供も出てきます。そこで塾に通わすかどうか検討されている保護者の方も多いのではないでしょうか?しかし、塾を選ぶ場合、単純に合格実績や授業料で決めてはいけません。子供にあった学習塾を選ばなければなりません。学習塾には、多数の生徒を集めて集団で指導する集団型と、マンツーマンもしくは少数の生徒を指導する個別指導塾があります。

集団型に通うのも、競争心が芽生えプラスに働く、授業料が安めといったメリットがあります。しかし、集団型の場合、授業についていけず放置されるという点がデメリットであるといえるでしょう。一方、中学生向けの個別指導塾も検討しているが特徴がわからないという保護者の方もおられると思います。そこでここでは個別型の塾の特徴について解説します。

まず、個別指導塾の場合、苦手な数学だけ受講するというように、受講科目を柔軟に選択することができます。一方中学生向けの集団塾の場合、一科目だけ受講するということはできません。また授業時間も生徒側と中学生側が話し合って決めることが出来ますので、部活のない日に塾に通うということが可能となります。しかし集団塾の場合は、授業の時間割は塾が指定し、生徒側から変更を申し出ることが出来ませんので、部活との両立は困難といえるでしょう。

また、個別型の場合、授業でわからないところがあれば、すぐに質問できるという特徴があります。集団塾の場合、先生は多数の生徒を受け持っているため、全ての生徒の質問に答えるのは時間的に無理です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です