手厚い指導が受けられるイメージの個別指導塾ですが、実際のところどうなのでしょうか。この記事では、個別指導塾に中学生が通うメリットデメリットをご紹介します。まずはメリットです。メリットは、一人一人のレベルに合った指導をしてもらえるところです。

集団塾ではみんなが同じ授業を受けます。難しすぎてついていけなかったり、反対に物足りなかったりしてしまう中学生もいるでしょう。その点、個別指導塾なら苦手なところを中心に指導してもらえたり、習熟度を見ながら難しい問題に挑戦させてもらえたりすることができます。また、時間割の融通が利きやすいのがメリットです。

集団塾のように決まった時間に授業を行う必要がないので、用事があるときなどは授業を振り替えてもらうこともできます。次に、デメリットです。個別指導塾は、先生一人に対し生徒一人や二人くらいで指導してもらえます。しかし、一緒に勉強する仲間がいないため、モチベーションが上がらない中学生もいるでしょう。

友達と一緒に頑張りたい、仲間がいることで競争心が沸くという子供には向かないかもしれません。他にも、それぞれのレベルに合わせてマイペースに指導してもらえるのはいいのですが、下手をしたら自分の求めているところまで達成できないかもしれないという可能性もあります。また、集団塾に比べると人件費がかかるため、値段が高いのがデメリットでしょう。個別指導塾のメリットだけでなくデメリットも知った上で、塾選びをするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です