中学生が通う塾には集団指導塾と個別指導塾の2種類がありますが、どちらを選ぶかは塾に通う目的や現状の成績のほか、子供の性格や費用などさまざまな面から検討してみる必要があります。例えば塾に通う目的が、学校の授業よりもさらにレベルの高い授業を受けたり、難しい問題にどんどん挑戦していきたいというものであれば、集団指導の難関突破を目指すコースなどが最適です。一方、学校の授業についていくことができなくて成績が思うようにあがらなかったり、苦手教科を克服したいというような目的の中学生であれば、個別指導塾で自分の弱点を重点的に学習するのが効果的と言えるでしょう。また、性格の面では、負けず嫌いなタイプや一人で勉強しているだけだとあまり集中できない中学生であれば集団指導で大勢の生徒と一緒に授業を受けることをおすすめします。

しかし、マイペースな性格であったり、おとなしくて先生に対して質問をするのが苦手な中学生はマンツーマンで対応してくれる個別指導塾で授業を受ける方が安心でしょう。費用の面では、一般的には集団指導塾の方が個別指導塾よりも授業料が安くすむ傾向があります。しかし、個別指導塾では授業を受ける科目数を自分で決めることができたり、季節ごとに行われる講習の数なども集団指導塾のように一律で決められることはなく、講師と相談して決めることが可能です。そのため、トータルでかかるコストは一概に高いとは言えず、本人の成績の推移や志望校によって変わることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です